前へ
次へ

なぜ太陽光発電は屋根に設置されているか

電車で移動していると、たまに建物の屋根に太陽光発電のパネルが設置されている光景を見かける事があります。
たいていのパネルは、屋根部分に設置されています。
壁に設置されている事もありますが、基本的には屋根です。
なぜ屋根という箇所に設置されているかというと、まず日射量です。
壁や屋根など色々な箇所がありますが、屋根は日射量が比較的多いでしょう。
発電効率を考慮すると、屋根に設置するのが一番良いと判断されている訳です。
それと太陽光発電の断熱性です。
その発電パネルは、日光を吸収してくれる性質があります。
太陽光のエネルギーを変換した上で、発電できる訳ですから、少なくともパネルが日光を吸い取ってくれる事だけは間違いありません。
それで建物の断熱性を高めたいなら、やはり屋根という箇所が最適です。
壁と比べれば、屋根の方が日光を遮ってくれる効果も強いと見込まれるので、よく天井部分に取り付けられている訳です。
もっとも、それも建物次第です。
状況によっては、壁に設置する方が良い事もありますから、専門業者の担当者と話し合って決めると良いでしょう。

Page Top