前へ
次へ

太陽光発電を付けるメリットは2つある

太陽光発電を自宅の屋根に付ける家庭が昔に比べて多くなってきます。
それに伴って、オール電化にする家庭も増えてきています。
太陽光発電を設置すれば、光熱費を大幅に節約することが可能になりますので家計がだいぶ楽になります。
しかもオール電化にすれば、ガスを使わずに電気をメインに使用していけば光熱費はより節約することができます。
年間ベースで考えた場合には、太陽光発電を設置しているのと設置してない家庭の光熱費には雲泥の差が生じます。
この光熱費を大幅に節約ができるメリットがまずあります。
2つ目のメリットは、災害時の停電になっても安心なことです。
太陽光発電には、パワーコンディショナーの自立運転機能があります。
これを使用すれば停電になっても電気を使用することができるため、災害時にも強いメリットがあります。
災害時に停電になると長時間電気が使えないこともありますが、その心配がいりません。
停電時でも自立運転機能を使用すれば普通に電気を使用することができます。

Page Top