前へ
次へ

太陽光発電を設置するとどんなメリットがあるか

自宅の家の屋根に太陽光発電を設置するとどのようなメリットがあるのかと言いますと、それはまずは夏は涼しくなり冬は逆に暖かくなる点です。
夏は太陽光発電のパネルが夏の強い日差しを遮ってくれるのでパネルの直下の部屋涼しくなります。
だいたい体感温度は2度から5度程度下がります。
そして冬は太陽光発電のパネルが放射冷却を抑制してくれるため、パネルの直下の部屋は暖かくなります。
つまり、夏も冬も快適に室内を過ごすことができるわけです。
また他のメリットを挙げると、停電になった時でもパワーコンディショナーの自立運転機能を使用することによって停電が起きても電気を使用することができることです。
太陽光発電を設置しておけば、いざって時に安心です。
長時間停電になった場合でも安心して電気を使用できる環境が得られるため、万が一停電が起こっても冷静な気持ちになれます。
こうしたメリットもありますので、設置する恩恵はかなり大きいです。

Page Top